ピティナのHPの読み物・連載のコーナーの「ロシアのピアノ教育から学べること」というページに
「ピアノ教育はどう継承されて来たのか」ということが書いてあるので、こちらへ貼っておきます。
ご興味ありましたら、読んでみてください。

      ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓クリック

ロシアのピアノ教育から学べること(3)ピアノ教育はどう継承されてきたのか

1音から徹底してこだわり抜いた音を出すことを、最初の段階から徹底しているのがよくわかりますね。
そして、音の響きの立体を感じて、そのように出すという大切さ。
ただ、音符が書いてあるから、その音の高さと音価を弾く、、というのではなく、様々な芸術や文学なども学んで総合して個人としての考えや感性を持った上で、意味のある音、意味のある演奏をする、、ということが大切で
ロシアでは、そのように教えられているからなんだな、、と思います。

というわけで、私たちも最初の1音の弾き方から、、徹底してこだわって美しい音を出すように耳も心も鍛えていくように、、心構えとしてはそんな気持ちで頑張りましょう〜♪イメージも大切なので、イメージ力をつけるためにも、いっぱい美しいものに(絵でも音楽でも本でも景色でも!)触れて、自分の心を動かしていきましょう!

IMG_5251.jpg
2016.12.06 Tue l ロシアンメソッドとは l top