FC2ブログ
少し前に、ロシアの女性ピアニスト・エリソヴィルセラーゼさんのコンサートへ行きました。

前から松田先生がずっとファンでおられたので、生で聴きたいなと思っていました。
お年は77歳!!

とてもそうは思えないテクニックとメカニック。。
聴いてるうちに、このお年なのに、、などという感想は飛んで行きましたね。そういう次元じゃない(^^;)

チャイコフスキーの四季も、それぞれ絵画を見てるような、、濃い色彩や淡い色、様々な質感の音色で感じられて
1音1音に意味あるような。

プロコフィエフは、もはや未来の音楽では?!と思うくらいに、人間が弾いてる音でないようでいて、でも無機質じゃないって感じで、とりあえず格好いい!!

トッカータ、本当にすごかったです。
youtubeにもあったので貼っておきます。



シューマンの幻想曲も、うっとり。。

アンコールはショパンのマズルカとワルツを。
もう、さら〜っと本当に息してるのと弾いてるのは大差ないの、、って感じに弾かれて
説明つけられない感情がど〜っと押し寄せて涙出て来ました。音楽そのものなヴィルセラーゼさんの存在そのものにも感動してしまって。

ロシアの方なので、むやみやたらにニコニコニヤニヤしないので、一瞬怒ってるのでは?!と思うお顔なのですけど
すぐにだんだんにっこりなさって、なんとなく安藤サクラさんを思わせるお顔でした。
年齢とか性別とか超越して、格好良くて綺麗でカッコよくて、すっごく好きになってしまいました。
コンサート行けて良かった!

ロシアメソッド研究会の先生方もみなさん来てました。
クラシックコンサートマニアの方々も勢ぞろいという感じで、お客層がめっちゃよくて。
200席のバロックザールで聴けてお客様も含めて雰囲気も最高でした。
2020.01.27 Mon l ピアニストさん達 l top
10月に入りましたが、暑い日が続いてましたが今日は少し朝は寒かったですね。

先月末に、一つコンサートへ行きました。
ググニンさんです。
IMG_2458.jpg

プログラム内容は、様々な作曲家がゴドフスキーヘ献呈した曲ばかりを集めたものでした。

コンサートは、お客さんを集めるためか、有名な人気のある曲を組むことが多いのですが
これは思い切った選曲です!ほとんど、誰も知らない曲ばかりです。

でも、というか、だからこそ素晴らしかったです!!

もう繊細なコントロールも素晴らしいですし、それぞれの曲のキャラクターによって音色も雰囲気も空気までもガラッと変わりますし。この世の音?!みたいな音がわぁ〜〜って溢れ出て空間を満たすような。
雑なところが全くなく、全て考えられた音で。
そのレベルの高さがあるおかげで「ピアノをどう演奏してるか、上手いかどうかとか」とかに意識が行かずに、音楽そのものに引っ張って行かれて浸れました。
名古屋の宗次ホールでのコンサートでしたが、ほんと良いホールでしたよ。

ショスタコービッチのみのCDを作られたようで、購入しました。
IMG_2474.jpg
こちらも素晴らしいです!!

2019.10.07 Mon l ピアニストさん達 l top
なんとチャイコフスキーコンクールの結果を書いてませんでした(^^)

1位はフランスのカントロフさん
2位はロシアのシシキンさん、日本の藤田真央さん!!
3位はロシアのメルニコフさん、イエメリャノフさん、アメリカのブロバーグさん
4位は中国のアンさん
5位6位なし

でした。
5、6位無しというところに、審査員たちが今回のピアニストさんたちへの敬意が現れてるような?!

中国のアンさんに関しては、トップバッターだったんですけど、オケと指揮者のところへ置いてある楽譜がピアニストが思っている方の曲の順番ではなかったらしく、始まった途端に違う曲が演奏されて(しかもピアノが入るタイミングが早いタイプの曲)アンさんはびっくりして、すぐに入れず、その後弾いた、、という事件が。
演奏が終わってから、審査員で話し合いの結果もう一度演奏してもいいということになったけれど、ご本人は自分も確認しなかったのだから、、とおっしゃったそう。まだ20歳だというのに、人のせいにしないとても良い人ですよね。
のちに、そのことに関わったスタッフの人は解雇になったそうです。

1位のカントロフさん、チャイコフスキーコンチェルト2番の演奏、素晴らしかったです!カントロフさんは音楽家だな〜と思いますし、出される音色もとても多彩だなと思います。
真央くんも、やっぱりすごいな〜と思って聴いてました(^^)
この先も楽しみですね。



2019.07.01 Mon l ピアニストさん達 l top
ファイナルへ進む7人が発表されました。
ファイナルはコンチェルトを2曲!ヘビーですね。

気に入っていたピアニストさんたちのうち、ロシアのコンスタンチンさんがファイナルへ。
あと、日本人の藤田真央さんも!
ファイナルへ進んだ中で、フランス人のカントロフさんも、いい感じです。

他にはアメリカ人のブロバーグさん、中国人のアンさん、ロシアからはシシキンさんとメリニコフさん。

元々は6人選ばれることになっていましたが、なぜか7人に増やされていました。

バランスよく各国が残された感もありますね。

今回に限らずですけど(今回は特にですが)あのレベルのコンクールになると、どの方も普通じゃなく凄いんです。
誰が残されるかというのは、上手い下手や実力の問題では無いと言えます。
たまに、結果だけを受けて、残らなかったから下とか何かが悪かったとか無邪気に考える人いますけど、、わかって無いなぁと思いますね。

その時の、審査員の方々それぞれがつけた点数にもばらつきもあれば、会場の空気もあれば、、
運も実力のうち、と言えばそれまでですけれど
聴衆として聴くにあたっては、1位だからどうとかの問題ではなく、その演奏でどう感じたか、その演奏をまた聴きたいか、の点で、自分の感性を信じるべきと思います。

まぁ、コンクールに通りやすい演奏、というのもあるのはあるようですけどね。。必然的に癖があまりなくて、ミスがなくて、自然な歌い回しで、、とか。でも、そうじゃ無い時もコンクールによってはあるし。

こういう配信を観れるコンクールは、お気に入りな、ピンとくる演奏家との出会いの場でもありますね(^^)

まだまだファイナルの演奏家で聴きたい人がいっぱいいるので、最後まで楽しみです!

日本人としては、藤田真央さんに期待ですね(^^)
元々は、アウェーな感じでただ一人の日本人って感じだったのが、最初のバッハを弾き始めた瞬間に客席の空気が変わったらしいです!そして、聴衆の人気は掴んでるようですし、今回は風が吹いてますね。
楽しみです。

IMG_1598.jpg

蓮が花芽を出してきました。


2019.06.25 Tue l ピアニストさん達 l top
もうセカンドステージになりました。
通過者は14人です。

以前、先生のサロンでコンサートを聴いたこともあるググニンさんもコパチェフスキーさんもセカンドステージへ進まれました!

ググニンさんのセカンドステージの演奏、素晴らしいです。涙出ました(^^;)
是非聴いてください!↓

ググニンさんのセカンドステージ


この人も素晴らしいです!ピアノを朗々と歌い上げれて、とても立体的な演奏をされる方です。コンスタンチンさん。

コンスタンチンさん


この先も、気になるコパチェフスキーさんや藤田真央さん、ニコラーエフさんなど、、楽しみです。

すごいピアニストばっかりで(^^;)ぜんいんファイナルってわけにはいかないんだろうか(笑)
2019.06.22 Sat l ピアニストさん達 l top