今日は月1で行っている楽曲セミナーでした。

今日のお題(?)はバルトーク。
バルトークの「子供のために」という曲の中からの1曲を勉強しました。

バルトークは楽譜に細かく指示を書いてあるので、それを正確に守らないといけないのですが
それは、ご本人の性格というのもあるかもしれませんが
蓄音機が発明された頃で、録音が可能になったこと(それでハンガリーやスロベキアの民謡を採集して研究されてたそうです)で、正確に自分が思っている曲を再現演奏してもらうために、細かく指定したのでは??とのことでした。

先生から教えていただいた、バルトーク自身が弾いてる「子供のために」の演奏のyoutubeです。
ピアニストとしても天才少年として出てきたバルトークさんの演奏。リズムや速度、拍子など、独特でなかなか楽譜を見て表記を守って見ても、どこか自然に弾けないですが、、、こうやって演奏を聴くと民族的な間合いの取り方やイントネーションがよくわかって、生き生きした演奏で、素敵です!

2017.08.22 Tue l 研究会、セミナー l top
レッスンに生かせるかな?と、クリエーティブリトミックというコースに通っていました。(全3期で、春期、秋期、冬季、とありました)
終了したので、終了証書をいただきました(^^)
IMG_6214.jpg
なんか、嬉しくなりますね(笑)

行くまでは、お子さんのレッスンに生かせるようなことがあるかも〜♪というような気持ちでしたが
受けてみて。。リトミックという名前から勝手に想像で思っていたこととは全く違いました。

本来のリトミックは、音楽家が体得しておくべき音楽的な拍感やリズム感、創造性、即興性を体感を通して身につけるためにダルクローズさんが考案した音楽教育方法だそうです。
先生は、ザルツブルク大学モーツァルテウム オルフ研究所で音楽表現教育法を学ばれたそうです。

このレッスンでは、その本来のことを見失わずに、本当に生徒に体感させて行くにはどうしたら良いのか
実際に自分もやってみたり、先生からそういった概念や一番大切なことなどを色々と教えていただきました。
レッスンに使えるかも、、と思って行き始めたつもりが、もうこれは自分の演奏のためにも必要なことであるし
これを自分が知って教えてるのと、知らずに一生を終えるのとでは(大げさで、すみません(笑))
歴然とした差があるなと感じて。本当に感銘受けっぱなしでした。
今までの日本の音楽教育(幼稚園や小学校の音楽の時間も含め)のやり方では、この本来の本当の音楽を教えるってことができてなかったのだということや
(ロシアンメソッドでもペースメソッドでも、昔のやり方と違う本質を教えてるものだと思うので共通点も多かったです。というか、どれも結局最終的に同じ目的ですね。。)

(こんな部屋でした。)
IMG_6209.jpg

(この木琴、オルフさん考案の楽器。響きが美しくって、めっちゃ欲しいと思いました(笑)でも、すっごーく高いかも。
一つづつ鍵盤が外せるそうです。それで、調の並びがわからなくてもアンサンブルができたり、ペンタトニックのスケールになるように音を抜いて即興に使ったりできるそうです。)
IMG_6208.jpg

大切なことは、最初から本物に触れるということ。。
一番簡単な最小単位のフレーズでも、響きを感じて、拍を感じて、ちゃんと音楽として成り立たせるように。
体の感覚(触覚や動きや声)でダイレクトに感じること。
体の動かし方を人にわかってもらうには、具体的にどこをどうやって動かせるかをわかるように伝えること。
イメージさせるにしても、声を使って擬音を駆使して、想像しやすくしてみる。
即興的に、自分からアイデアを発信できるように、間違ってるもあってるもなく、ともかく自分が思ったことを発信(演奏にしても発言にしても)できるように常日頃からする。

やってみると、五感をさまざまに総動員して、思考してやることになるのがよくわかりました。
音楽を学ぶとしても良いには決まっているけれど、やっぱり人間として生きる上で身に付けたいことだと思いましたし
つまり音楽をやるということは、人間として生きる上でのことを学ぶに等しいのだと、改めて思いました。

今回教えて頂いたことを元に、工夫してアウトプットをしていくことが必要ですし
目的を理解して効果を生むように持っていくには、自分の側でもその練習がまだまだ必要だと思うので
機会を作ってはもう少し勉強したいなと思います。
夏にはワークショップがあるので、参加したいと思ってます。
2017.06.23 Fri l 研究会、セミナー l top
ペースメソッドのCMセッションレベル1に3月4月と参加させていただき勉強させていただきました。

バランスドダイエット(レッスンの中で、バランスよくいろいろな要素を学ぶ ー要素ー 理論、聴音、テクニック、初見、和声、メンタルジム、即興、演奏、分析、変奏)を
導入の時点から、上級レベルまで、同じことを少しずつレベルを上げて学び続けてスパイラルのように上達させていくこと。
それが、このメソッドの音楽を学んでいく方法で、その過程において自分で考えて、自分で行動する自主性を学んでいき
協調性や社会性を学ぶように、なっていく。(教え込むのではなく、自分で考えさせて自発的に取り組むことができるように)

従来(というか、私が子供の頃)は、音符の読み方や、演奏、テクニック、ソルフェージュ、聴音、楽典、、とうことは順番にやっていき、一度習ったことはもう知ってる前提で進んで行きますし、調などもシャープやフラットの少ないハ長調で最初はずっとやって、その後ト長調、へ長調、、、と増えていくという方式。
その場合だと、滞りなく行ける人もいますが、調合が増えてきて譜読みが得意でない人は途中から急に難しくなってきたり、音楽の仕組みを考えたりしてるわけでなく楽譜の音符をそのまま読んでるだけの状態だったり、ソルフェージュや楽典が実際に弾く楽曲を読むとき弾くときに繋がってない、、という具合だったり。
その点、スパイラルラーニング的やり方だと、最初から全調の雰囲気を味わうことができ、即興ができ、、初期の段階で学んだこと(やさしい部分の時から全部をあつかう)も、繰り返し繰り返し、毎回(理想としては、です、、グループレッスンの前提なので、うちでの場合個人で30分では無理なこともあります)取り扱いながらレベルアップしていくので、忘れていくことはないし、曲を弾くときにも、全部のことを考えながらやるので繋がっていきます。

先生に言われて、こうしましょうと言われるからそうやる。音が間違ってると言われて、なおす。
覚えようと言われて覚える。。
と、大体のどんな習い事もそうかもしれませんが、教えてもらったのをやる、という受動的なレッスンが普通だったと思います。
日本は特にそうかも??と。だから、即興とかって苦手な人が多いと思います。

今、自分が教える時でも、これを学ばせてあげなければ!と思えば思うほど、ルールを教えるのに必死になってしまっていて、あ〜〜〜〜(ーー;)と思うことあります。日本人的感覚が、身についてしまってますよね〜〜〜〜。
なので、こうやっていろいろな考え方のセミナーで先生のお話を聞いて(コーチングもされていて、そういう観点からの捉えかたも目を開かせてもらえました)自分の先入観や決めつけ、癖などを見直すきっかけになりますし、できる限り参加して行きたいなと思います。

もちろん、何もルールを知らないまんま、何か自主的にやりましょう、なんていうのは逆にめちゃくちゃですし、無理です。
教えて、覚えてもらう部分というのは必ずあります。
奏法、手の使い方もそうです。これは、自分で考えるというのではなく、見て聴いてやって、体得するべきことですし。。
なんでも自由に、、というのでは、大切なことは教えられないなと思います。
でも、この前の研修でおっしゃっていて、そうか、、と目を開かせていただいたのは
人は自ら学んだものしか入らない、ということです。
言われてそれをやってるうちは、身についてない。
それを使って自分でやってみようと、自ら考えて行動したときに初めて身につくのだそうです。

確かに〜〜〜〜!!!自分を省みても、そうだと思います。
そして、これを言ったら間違ってるかな、、と先生の顔色見て答えるのではなく、間違っていてもなんでも、じぶんがそう思ったから言う、表現する!という空気を作る必要がこちら側に必要だと思ってます。

IMG_6080.jpg

 
こうやっていろいろと学ばせていただけるってありがたいです。
ですが、、うちの教室で、全く同じことをやるか、できるかというと難しいです。
グループレッスンにできませんし、時間的な問題もあります。
人によって、求めてるものも違ってます。

そして、やっぱりピアノを弾く奏法は、ロシアン奏法を教えたいのです。
それぞれの研究会で勉強させていただいて、、数年経ってますけど、まだまだ勉強しなければと思います。
そして、やればやるほど、どちらも身についてるのが一番良いと思うのです。
縁があってきてくれた生徒様には、それぞれの人の特性に合わせてカスタムしてチョイスして、提供してます。。
(多分、一つのメソッドでずっとやってる先生方もどの先生も、いろいろな教材も使って子供さんに合わせてられると思います)
なので、自分の中で「これだけのことが身についたらいいな」と思ってることは、揺るぎなく持っておく必要があると思ってます。
まだまだ講師としては悩みながらですが、というかきっと一生アレコレと考えながらだろうと思いますが、最善を尽くしていこうと思います。
2017.06.01 Thu l 研究会、セミナー l top
先日、ペースメソッドのレベル1のCMセッションの1日目を大阪で受けて来ました。

とても勉強になりました。
講師をされている山田先生が、コーチングを取り入れておられて
お話を聞いてるうちに、あぁ自分の中にもかってな決めつけ、思い込みが確かにあるなと気づきがありました。
お話の中で、ふと「先生たちはなぜわかってたり覚えてるんでしょうね?賢いから??(笑)」との問いかけが。「そんなわけないですよね。なぜなら毎日、やってるからですよね。」と。毎日のように教えてたら、忘れる暇がないですもんね(^^;)

毎日やるって、そういうことですね。

ピアノの演奏をするまでには、「譜読み(分析)(初見)」「練習して仕上げていく」「暗譜」と言う行程があるかと思います。
この時、それぞれの行程で、脳の使い方が違うと思うんです。
1曲だけを仕上げては本番にあげて終わって、また次の曲、、、という具合にしていると
暗譜ができてから、譜面から離れて自由に弾けるようになって本番にあげて弾くまでの状態で
長く持つことになったりしますよね。

1曲だけをその状態で長く持ってると、譜読み時点での分析や初見のチャンスがすごく少なくなると思います。
本番が終わったら、またよっこらしょっと新しい曲に取り掛かり、譜読みを開始、、そしたら
また脳が最初のような状態に戻ってしまってるように思います。

そうなると、初見力がすごく落ちるんじゃないかなと、ふと思いました。
暗譜のやり方も、、どうやって覚えてたっけ?!くらいになったりするんですよ間が開くと!!

子供達への指導に関しては、そのことを気にしながら色々と与えてあげるといいと思うんです。

が、自分に対しても、それは課すべきだと思います。

そう思って、実際今自分がやってることは、「本番用に弾けるように完成度をとりあえず保つ暗譜してる曲の練習」
並行して「新しく次の曲の譜読みをする、暗譜をする」
暗譜ができ出したら、また次の曲を考えて、取り掛かり出す。。。と言う具合に
並行してやっていくことにしてます。常に譜読みと暗譜とを、やっている状態です。

これをやっていて良いことは、やっぱり初見の時の感覚が鋭敏になると言うか
よほどの曲でない限りは初見でほぼ弾けるようになるし、弾くのが怖く無くなると言うか億劫じゃなくなると言うか。
暗譜も、実際早くなるように思います。
研究会やセミナーで弾く課題の曲(生徒へ教えるための、ブルグミュラーやソナチネレベルくらい)も、実は当日の2日前からしか練習しませんし、時には前日や当日に初見の場合がありますが(^^;)
普段にこうやってやっていると、ほぼ初見で大丈夫です。(というか、本当はもっと弾きこむべきなのかもですが(汗))まぁ、先生をやってる人は、初見が得意な人は多いかもですけど。。

ペースメソッドでも、スパイラルラーニングで、毎回移調、即興、初見、分析、指の練習、曲の演奏、、とさせることが何より大事、、とのことですが、これってまさに自分にも必要だし、実際にそうだと思います。

まぁ、移調とか即興とか、全然毎日やっていませんが(笑)やったらまた違ってくるかもと思います。

もっと練習時間が取れたらな〜〜〜(><)と思います。
2017.03.10 Fri l 研究会、セミナー l top
本日は、鵜崎庚一先生のセミナーへ行って来ました。

先生の著書のアナリーゼシリーズがありまして、その中からバッハのシンフォニア(3声)
を解説してくださる、というものです。

IMG_5523.jpg


前から、このシリーズのインヴェンションとシンフォニアを持っていて参考に勉強してたのですが
直接お話しを聞けるので、楽しみに足を運びました。
全部で3回シリーズの1回目でした。
前にインヴェンションもやってられたようで、それは知らなくて(><)後悔!!

とても快活な颯爽としていて、はりのある声で時折笑わせつつ
わかりやすく教えてくださいました。

本では、アナリーゼを文章と目でもわかるように矢印や図で説明してくださっているのですが
結構難しく感じて(^^;)
でもあらかじめ、色々と自分でも読んで考えたりしていたので
お話を聞いたら、そういうことか!!と、腑に落ちました。

アナリーゼの重要性から、その順序、見方(判別の仕方)、を実際にNo.1とNo.2
の曲を使って説明してくださっていて、その内容がもちろん良かったですが
その前のお話で、ほんとそうだわ!と思ったことがあります。
生徒さんにも、常々、音楽は文章と同じなんだよ〜って言って説明してるんですけど
今日も先生もそれをおっしゃっていましたが(終止形の部分が句読点になるわけで)
なぜ同じなのかって部分。
人間が作り出すものなんだから!と。朝起きて、歯磨きして、ご飯食べて、仕事して、帰ってご飯食べてお風呂はいって寝る、、ような、人間が作り出すんだからと(笑)
違いはあっても、そう大差ないよ、人間が作るもんにさ!
という感じに言っておられたような。

終止形も、がっつり止まる感じなのか、ふわっと終わる感じなのか。
その数。少なければ流れの多い曲。
会話と同じなので、一定の速度というのは不自然。早めたり遅めたり、スピーチするときにもするわけで、それによって訴えることができるわけだから、調の移り変わりを把握してそれによって変化をつける。

などなど、もっと色々と感動することがありましたがひとまず。

写真の中で、ピンクのオリジナルノートって書いてあるノートですが
今までセミナーでこれもらったことないけど、今回だけでしょうか?この先もかな??
中は、大学ノート部分と、5線譜部分があって、便利でした!

それにしても、先生のような作曲家の先生は、バッハのすごい創意工夫の部分を興奮したように感動を伝えようとしてくださるのがいいですよね〜。
2017.01.31 Tue l 研究会、セミナー l top