先日、ペースメソッドのレベル1のCMセッションの1日目を大阪で受けて来ました。

とても勉強になりました。
講師をされている山田先生が、コーチングを取り入れておられて
お話を聞いてるうちに、あぁ自分の中にもかってな決めつけ、思い込みが確かにあるなと気づきがありました。
お話の中で、ふと「先生たちはなぜわかってたり覚えてるんでしょうね?賢いから??(笑)」との問いかけが。「そんなわけないですよね。なぜなら毎日、やってるからですよね。」と。毎日のように教えてたら、忘れる暇がないですもんね(^^;)

毎日やるって、そういうことですね。

ピアノの演奏をするまでには、「譜読み(分析)(初見)」「練習して仕上げていく」「暗譜」と言う行程があるかと思います。
この時、それぞれの行程で、脳の使い方が違うと思うんです。
1曲だけを仕上げては本番にあげて終わって、また次の曲、、、という具合にしていると
暗譜ができてから、譜面から離れて自由に弾けるようになって本番にあげて弾くまでの状態で
長く持つことになったりしますよね。

1曲だけをその状態で長く持ってると、譜読み時点での分析や初見のチャンスがすごく少なくなると思います。
本番が終わったら、またよっこらしょっと新しい曲に取り掛かり、譜読みを開始、、そしたら
また脳が最初のような状態に戻ってしまってるように思います。

そうなると、初見力がすごく落ちるんじゃないかなと、ふと思いました。
暗譜のやり方も、、どうやって覚えてたっけ?!くらいになったりするんですよ間が開くと!!

子供達への指導に関しては、そのことを気にしながら色々と与えてあげるといいと思うんです。

が、自分に対しても、それは課すべきだと思います。

そう思って、実際今自分がやってることは、「本番用に弾けるように完成度をとりあえず保つ暗譜してる曲の練習」
並行して「新しく次の曲の譜読みをする、暗譜をする」
暗譜ができ出したら、また次の曲を考えて、取り掛かり出す。。。と言う具合に
並行してやっていくことにしてます。常に譜読みと暗譜とを、やっている状態です。

これをやっていて良いことは、やっぱり初見の時の感覚が鋭敏になると言うか
よほどの曲でない限りは初見でほぼ弾けるようになるし、弾くのが怖く無くなると言うか億劫じゃなくなると言うか。
暗譜も、実際早くなるように思います。
研究会やセミナーで弾く課題の曲(生徒へ教えるための、ブルグミュラーやソナチネレベルくらい)も、実は当日の2日前からしか練習しませんし、時には前日や当日に初見の場合がありますが(^^;)
普段にこうやってやっていると、ほぼ初見で大丈夫です。(というか、本当はもっと弾きこむべきなのかもですが(汗))まぁ、先生をやってる人は、初見が得意な人は多いかもですけど。。

ペースメソッドでも、スパイラルラーニングで、毎回移調、即興、初見、分析、指の練習、曲の演奏、、とさせることが何より大事、、とのことですが、これってまさに自分にも必要だし、実際にそうだと思います。

まぁ、移調とか即興とか、全然毎日やっていませんが(笑)やったらまた違ってくるかもと思います。

もっと練習時間が取れたらな〜〜〜(><)と思います。
2017.03.10 Fri l 研究会、セミナー l top
本日は、鵜崎庚一先生のセミナーへ行って来ました。

先生の著書のアナリーゼシリーズがありまして、その中からバッハのシンフォニア(3声)
を解説してくださる、というものです。

IMG_5523.jpg


前から、このシリーズのインヴェンションとシンフォニアを持っていて参考に勉強してたのですが
直接お話しを聞けるので、楽しみに足を運びました。
全部で3回シリーズの1回目でした。
前にインヴェンションもやってられたようで、それは知らなくて(><)後悔!!

とても快活な颯爽としていて、はりのある声で時折笑わせつつ
わかりやすく教えてくださいました。

本では、アナリーゼを文章と目でもわかるように矢印や図で説明してくださっているのですが
結構難しく感じて(^^;)
でもあらかじめ、色々と自分でも読んで考えたりしていたので
お話を聞いたら、そういうことか!!と、腑に落ちました。

アナリーゼの重要性から、その順序、見方(判別の仕方)、を実際にNo.1とNo.2
の曲を使って説明してくださっていて、その内容がもちろん良かったですが
その前のお話で、ほんとそうだわ!と思ったことがあります。
生徒さんにも、常々、音楽は文章と同じなんだよ〜って言って説明してるんですけど
今日も先生もそれをおっしゃっていましたが(終止形の部分が句読点になるわけで)
なぜ同じなのかって部分。
人間が作り出すものなんだから!と。朝起きて、歯磨きして、ご飯食べて、仕事して、帰ってご飯食べてお風呂はいって寝る、、ような、人間が作り出すんだからと(笑)
違いはあっても、そう大差ないよ、人間が作るもんにさ!
という感じに言っておられたような。

終止形も、がっつり止まる感じなのか、ふわっと終わる感じなのか。
その数。少なければ流れの多い曲。
会話と同じなので、一定の速度というのは不自然。早めたり遅めたり、スピーチするときにもするわけで、それによって訴えることができるわけだから、調の移り変わりを把握してそれによって変化をつける。

などなど、もっと色々と感動することがありましたがひとまず。

写真の中で、ピンクのオリジナルノートって書いてあるノートですが
今までセミナーでこれもらったことないけど、今回だけでしょうか?この先もかな??
中は、大学ノート部分と、5線譜部分があって、便利でした!

それにしても、先生のような作曲家の先生は、バッハのすごい創意工夫の部分を興奮したように感動を伝えようとしてくださるのがいいですよね〜。
2017.01.31 Tue l 研究会、セミナー l top
某関西最大級ピアノサークルの主催の方からお話があり、私の習っている松田紗依先生に、そのサークルのレクチャー企画(年に数回?ピアノを弾くだけでなく、先生をお呼びしてこのような企画をされているのです)へ来ていただきないか聞いてもらえないか?と数ヶ月前に打診されて、先生へお話をしてみましたら、快く引き受けてくださり、昨日そのセミナーが行われました。私もお付きの者としてついて行きました!

今日は、そのレポートをFBにかいたのですけど、こちらのブログにも転載しておきます。

IMG_4829.jpg


先生は、イギリス王立音楽院にてスラミィタ・アロノフスキー教授から学ばれ、1音を弾くところから奏法を全て見直して習得され、それをご自分が(日本の)小さいピアノを始める生徒に伝えるために、どのような方法で教えるのがわかりやすいかを研究し(というのも、ロシアの子供用の楽譜というのがあるのですが、ロシアではそもそもピアノができるようになるであろう素質がある子がピアノをするので、日本のように誰でもかれでも、、という国ではなく、難なくできてしまったり、レッスン自体も日本のように週に1回ではなく少なくとも3回、毎日の場合もあるくらいなので、同じ教材を使って同じようにすすめるには無理があると思われたからです)そして、作曲してはスラミィタ・アロノフスキー教授に見せにイギリスへ行く、、というのを繰り返してご自身の教材を作られました。約30年かけて改良に改良を重ねて作られたその教材が、去年カワイ出版から発売されています。
スラミィタ・アロノフスキー教授は、ロシアのモスクワ音楽院の方でしたが、当時イギリスへ亡命されていました。その直接の御師匠はギンズブルグさんだったそうです。

IMG_4828.jpg

私は先生について、7年くらいになります。(年月の流れの速さが恐ろしい!(笑))本当に、先生に出会えたことがピアノ人生の中で重要なこと、ラッキーだったことだと思います。
教えるというのも、先生のこの奏法を教えるのでなければ私が教える必要などないと思っています。
学び始める最初から、楽に美しい音を出せるような弾き方でピアノを弾くということを学べる子を増やすべく、そのホンの何億分の1でも、その出会いの橋掛かりにでもなれたらと思うのです。
いろんな人に言ってますけど、、、
ピアノを弾くということ、美しい音を出すということ、それを楽しむということ、、美しいものは美しいし、美しい音は美しい、その事実があるだけで、それを求めるのに、プロもアマチュアも大人も子供もないと思うんです。最初から、どんな人でも、それを知る権利がある!と思うわけです。それを、少しでも広めたいと思ってます。

先生の人柄や教え方、エネルギッシュに伝えてくださる音楽の大切な部分のこと。それらももちろん素晴らしいのですが、やはり奏法を具体的に、、こういった音を出すときにはどこの筋(スジ)を考えて、、とかこの指をこうしたい時は、2の指の裏を考える、とか。なぜなら。。という話をしてくださり、それに加えて様々な擬音やイメージを使って面白くおかしく教えてくださいます。
皆様も、ウンウンと相槌を打って立ち上がって見て聞いて、感心してられました。

生徒役として、5名の方が、ご自身のやってられる曲を持ってこられて弾きにくい場所のアドバイスをもらってられました。
聴いている方も、レッスンを受けてる方も、それぞれに悩みや思うところがおありだったと思いますが、それぞれに納得されたり、この先こうやってみよう!とか、なるほど!と思われたようでした。
IMG_4825.jpg

先生は、呼ばれてされるいつものセミナーはピアノ講師向けのセミナーがほとんどです。
先生の教材のどの部分が、どういう曲のどのパッセージを弾きやすく、また音楽的に弾けるようにするために使える部分なのか、、などを教えてられます。(研究会では、それをさらに進めて、他の曲を何曲も実際にやりつつ、先生方の奏法自体を磨きなおししているように思います。)

今回は、アマチュア(と言っても、難しい曲を弾く、よく弾ける人たちですが)の人向けのレクチャー。。あまりないパターンだったので、先生もどうやって進めようかしら〜?!と色々と考えてくださっていたようです。結果的には、本当に純粋に音楽、ピアノを弾くこと、を好きでやってられる大人のアマチュアピアノ弾きの方々は、即自分の演奏へ生かしたいのでその一生懸命さ(聴衆も含め)の発するオーラはやっぱり素敵で、清々しいものでした!!大成功だったように思います。

私は、講師の方々むけのセミナーも見てますし、それはそれで勉強熱心な先生方が集まるので熱いものがあって、中には求めてたのはこれだ!という出会いをなさる先生もいます!!
でもいろんな先生がいますし、どこか、、、ご自身の演奏に生かしたいというよりは、教えることありきな印象を受けるので(そのために来られてるので当然ですが)。ただ、そこの差って、うまく言えないのですけど音楽的な部分で、空気感の差があるなと思いました。良い悪いではなくですが!

ご一緒させていただいて、本当に嬉しい1日でした。
2016.10.17 Mon l 研究会、セミナー l top
今日は勉強会で十字屋さんへ行っていましたので、帰りに楽譜売り場に立ち寄ると
ヘンレ版の楽譜などが半額になってるコーナーが設けてあったので物色しました。
スカルラッティをゲットしました☆半額になってました♪

スカルラッティ

今週末ピティナのステップに、仲良くさせていただいてる先生が東京からお見えになり、アドバイザーとコンサートをされるので、ピアノ仲間たち数人で参加申込をしました。イベント気分で楽しみです。
自分の子供も申しこみましたので、なぜか気をきかせていただいたのか、、私は子供の部に一緒に出るようで、一人だけ大人というシチュエーションになるようです。。あはは(^^;)なんだか失敗できないかも〜〜(汗)

今日は自分の個人レッスンを受けに行きます。
レッスンは毎度のことながら、めちゃくちゃ楽しみです。
演奏することもレッスン受けることも、レッスンすることもコンサート行くことも、すべて大好きです。
ありがたい事です。感謝の気持ちを忘れずに日々頑張ろうと思います。

2016.05.17 Tue l 研究会、セミナー l top
yokoyama.jpg

昨日は家の近所にある、日仏会館にて毎年行われている、フランスから教授方が
来られて、レッスンをする京都フランスアカデミーの公開レッスンを聴講いたしました。
ピアノだけでなく、フルートや弦楽器などもありますし、それも聴きたい!と思いつつも
土曜はレッスンもありますし、無理かな〜と見てみると
17:30開始からのには行けそうだし、しかもルイサダさん!!
これは行かねばと。そのあとの19時半からのプルーデルマッハーさんもピアノのレッスンですし
2つ、見に行ける!!と。毎年あるけれど、行けなかったのですが
今年はようやく、見に行けました。

行ってよかったです〜!
マスタークラスなどを見ると、一流音楽家の方々は共通したことを
おっしゃるなぁと思います。
その音楽的な捉えかたを伝える感じが素晴らしいんです。

そして、今日は、とあるアマチュアピアノ弾きのマダム(アマチュアと言っても、素晴らしい腕前のお方です)
がご自宅にて開催された、横山幸雄さんの公開レッスンとミニコンサートを見に行きました。

このかたは超人的な方だと思います。。
ショパン全曲をコンサートで一気に弾かれたり、、という挑戦もされてますし
今度は、ベートーベンの協奏曲を5曲全曲一気にやるんだとか・・・。

そして、今日は、前半後半があり、前半3名のレッスンをした後に
ミニコンサート、そして後半にも3名のレッスンをした後に
またもミニコンサート(それぞれ曲は違う)

内容、素晴らしかったです。
生徒さんによって、レッスンすべき事柄を瞬時に見抜き
的確にアドバイスされるのも、ピアニストというだけでなく
教師としてのずば抜けた能力にも驚きます。
コンサートももちろん、素晴らしく。
音楽的に何ひとつ間違うことがない(音のミスの話でなく)
確信を持って全てコントロールされていて。。
音の種類が色々ピアノから引き出されて、、ハァ〜〜(@@;)と感心。

昨日と今日の公開レッスンで、私が心に残ったのは
リストのことです。リストって、イメージ的に、ガンガンと弾いて
技巧的に見せびらかす演奏、、というのが、、なんとはなしに思ってしまっていて
先日から書いてる本を読んだりして、違うのはわかってるし
以前、エラールピアノ(今の時代より前の今のピアノになるちょっと前のピアノ)
をリストは弾いていた、、とのことで、エラールピアノでのリストの曲を弾かれるコンサート
を聴きに行ったこともあるし、知ってはいたんですけど、それでもなお
現代のピアニストが弾くリストの刷り込みが自分の中にあったように思います。

ルイサダさんのレッスンにて、とても巧みに弾かれる若いお嬢さんがリストを弾かれていたのですが
音量や弾き方を、プロコフィエフを演奏するかのごとく弾く必要はなく
プロコフィエフは現代のピアノになってからの作曲家で
リストは、ショパンと同じ頃の同じようなピアノで作曲したり
演奏活動してたわけだから。との事で、ほんとだよね〜〜〜と改めて思ったんです。

そして、今日の横山先生の使用ピアノは、プレイエル(ショパンが愛用したピアノ)
でして。
今のピアノとは全然違います。
そのピアノで、ショパンやリストのレッスンをされて
合間に先生が弾かれて、、
特に、リゴレットパラフレーズなんかは、なるほど〜〜〜〜と思いました。

リストはガンガンにデジタルてきに弾くものではなく
合間の空気や香りや時代的な雰囲気を、音の間や歌に感じさせるように
弾くべきなんだなぁ。。と思いました。
まぁ、思うのは簡単ですよね(笑)

今日は、聴講へ行く前に、ベヒシュタインというピアノを試弾しに楽器店へ
行って1時間弾いてから行き、、欲しいな〜と思ったけど
800万円超えたピアノ、買えるわけないです(笑)
でも、さらにこの先値上がりするそうです。だから、今のうちです!とか。。
いやいやいやいや(^^;)

お友達と待ち合わせてランチも食べ。。
楽しい1日でした!
2016.03.27 Sun l 研究会、セミナー l top