FC2ブログ
オリンピックですね〜。

なんだかんだ言っても、テレビで見ていたら応援したくなり
ドキドキしながら見て、胃が痛くなったり。
自分は全く関係ないし見てるだけなのに、このメンタルの弱さよ(^^;)

この前は、ショパンコンクールの予備予選がポーランドでやっていて、配信がありました。
とてもたくさんの日本人のピアニストさんが参加してました。
見ようかな〜と思っていましたが、なんとなく良いも悪いも好きも嫌いも、、感想を持ちたくない気分だったので
見ませんでした。でも、10月には本選があるので、それは見ようかな。

競うことって、しんどいですね。
でも、それによっての良さもありますよね。

あと、最近思うのは、ネットニュースのいい加減さにうんざりします。
テレビ番組見て、その一部分を取り上げて感想書いただけの文とか
ツイッターで検索して、2、3人がコメントしてるのを取り上げて
「〜〜という声がある!」とか「苦情殺到!」とか。
全くの嘘ではないにしろ、ネットで匿名で書いたようなものであるし
しかも、2、3人しか言ってないのに。文に、字にしてしまうと、なんと信憑性が生まれることか。

オリンピック選手への誹謗中傷も絶対あるんだろうし、嘘ではないかもしれないけど
それによって、なんだかその国の人がみんな言ってる、かのような誘導するような書き方(特にタイトル)はどうなのかと思う。そんなこと思ってない人の方が多数だと思う、多分。
日本人の誰かが、何かしら嫌なことをどこかでやった時に、自分もひとくくりにされたら嫌じゃないですか?
全く同じだと思います。
またその声ってのが、ネットの住民の声ですよね。
ネットの匿名の住民は、もちろん良い人や常識のある人もいますけど
どの国でも、おんなじタイプの人がいるなと思うくらいに、どんな人種の中にも嫌なこと書く人っていますし、書く文も、言葉違うのに似てるんですよね。
ショパンコンクールの予備予選見てて気分悪くなったのも、そのチャットのところに書き込む人たちの書くこと見ていて気分悪くなったのもありましたね。英語なんですけど、、わかりますよ。

そろそろ、記事を見る側の人が、すぐにタイトル(クリック稼ぎのために極端なタイトルにしてたり、ミスリード誘うやり口のとか)で判断してわかった気にならないことを学んで、自分の判断ができるようにならないとな、と思ってます。


2021.07.31 Sat l 日常 l top
娘と最近になって中国のドラマ「陳情令」にハマっています。
実際には2019年にWebドラマで配信されたそうですが、爆発的に世界でヒットしたそうです。
遅ればせながら、見て、まんまとハマってしまいました。

時代劇風ファンタジーで、架空の時と場所でのお話です。

50話と、日本のドラマに比べてすごく長いので、話に深みがあって丁寧に作られています。

正義とは何か、、立場によって同じ事実でも否定されて悪者にされてしまう人間世界の怖さも感じますし
友情や家族への想いが交錯して、それぞれがそれぞれを思うあまりに口に出さないで耐え忍んで
誤解が生まれたり、、というような、胸が苦しくなる内容なのですが、話の中で、過去と現在の話が入れ替わるので、平和だった可愛らしい時代を見ていたら、それゆえにまた苦しいというか。。
あ、苦しいしか言ってないですね(笑)
クスッとわらえる事もありますし、何よりも、映像へのこだわりがすごいです。
美術(セットや小道具に至るまで)の制作のこだわりもすごくて。
とにかく美でしたね。
キャストの演技も素晴らしいし、とにかく出てる人がみんな美でした。。。

メイキングが、公式のYouTubeチャンネルにあるのですが、その美術に関しての動画はこちらです



これを見るだけでも、なかなか見ごたえがあります。

そして、ピアノで主題曲弾いて見たいね、と。
娘にピアノの楽譜に作ったら弾く?って聴いたら弾くというので、耳コピして、それっぽく作って見ました。

間奏部分は、原曲だと長くて分かりにくいので、適当に作って繋げました。
2番は原曲がエイトビートになるので、それも、同じ雰囲気にしようかなとしてみました(^^;)
難しく弾きにくくしたら弾けないので、簡単めですけど、弾いてると嬉しくなります(笑)
ひとまず弾いて見ました。



よかったら聴いて見てください。
2021.05.07 Fri l 日常 l top
IMG_5988.jpg

とうとう4月になりましたね。

新入学、新学期、節目の季節になりました。

昨年に引き続きのコロナ問題がある中での新しい環境。。大変だと思います。
みなさん、焦らずにゆったりといきましょうね(^^)

〜ここ最近の自分のピアノの事〜
今私が個人的に弾いている曲は、ベートーベンの熱情、ショパンのノクターン1と2
シューマンの飛翔、シューマンのフモレスケの中の一つ(どちらもシューマンの会用)
いつか弾きたいねと言ってるラフマニノフの2台のピアノのための組曲のタランテラもぼちぼちと。。
11月にある会のための課題の曲(邦人作曲家の曲)を何にしようかなぁと悩み中です。

曲作りもやりたいし。。でも色々弾いてると時間が足りないですね。
というよりも最近ネットフリックスなどの配信にはまって、ついドラマや映画を見てしまったりもして時間が。。
あ、でも、本を読んだり映画を見たりは、とても必要なことと思うんですよね〜(言い訳でもあり、本心でもあり)

先日、お師匠のピティナレッスン見学(ピアノの先生たちが来られて、先生のレッスンの様子を見学して勉強するというもの)があり、師匠の生徒である5歳の子や小3、中3、高1、の子達に続いて、ピアノ講師してる大人の生徒として出て弾いて来ました(^^;)
いや〜なかなか緊張しました。
行ってみると、いつもの研究会の先生方もおられたので、ホッとしたりもしましたが。。
そういうのにぴったりな、ノクターン2番を弾いてアドバイスをいただきました。
やっぱりショパン好きだなぁと思うんです。。
ベートーベンも好きですけど、気力体力奪われる気がしますけど、ショパンはもっとすんなり入る感じがします(個人の感覚です)

と、今はそんな感じです。



2021.04.01 Thu l 日常 l top
なんだかコロコロと温度が変わって、体がついていくのが大変ですね。
服にも困ります!
あと、ピアノにとっても過酷で。
先日から、何度か調律と調整に来ていただいていて
それから湿度をアップさせたり、いろいろと日々頑張ってるんですが
やっぱりなんだか、変な感じ。
こもった音になったり、高速で連打すると戻りきらなかったり。
すっごく、、ストレスです!!!

またこの日曜日に来ていただいて、見てもらいます。
今週の日曜は暑くなるんだそうで。。
そのあと、安定したら良いなと思ってます。

コロナも京都はかなり数が減りましたね。
暑くなって来たらしばらくは収まるのかな。

IMG_5600.jpg

今日の大人の方のレッスン、感動でした。
今日は朝にお二人、レッスンがありまして。
お二人とも、50歳を過ぎてからピアノ始めた方々です。
おひとり目の男性は、音符の名前やピアノの鍵盤の位置も、まったく知らない状態からされてましたが
習うきっかけになった曲「ショパン ノクターン遺作」を弾こうと、今は取り組まれていて
今日、とうとう最後まで譜読みが完了しました。
なかなか難しいことは多々ありますけど、指も動くようになられて、暗譜されて、感無量でした。

お二人目の女性の方は、ペースメソッドの教材でずっとさせていただいていて
もう3年目になるかと思います。
ペースメソッドは、即興や移調、和声を少しずつ学びながら進めていく教材なのですが
今日はそれで学んだことを利用して、ご自身で曲を作って来られていて。
ちゃんと、ABA'にまとめて作ってられました。
それも、感無量です〜(涙)
言われたことをただやるだけでなく、学んだことを使えるってすごいです。大人ならでは、かもしれません。


その方とこの前話ししていて、自分が作ったものは(陶芸でも絵でも刺繍でも、お話でも、曲でもなんでも)
自分が好きと思うもので形作っているから、自分からすると好きで仕方がないものになりますよね。。と
愛着がわく、というか。
自分大好き人間みたいですが(笑)それって、大事ですよね。
自分が一番、自分のことや自分のセンスをいいよね〜って褒めなかったら誰が褒めるんだ!と。
どんなに歪でも、好きと思うことは自由。
創作活動は、個人の精神活動としてはとても必要だなって思いますね。




2021.02.18 Thu l 日常 l top
11月も半ばで、秋が深まってきた、、と思ったら今日はすごく暑いです。
でも、街の景色は木々が色づいてますね。
IMG_4665.jpg

IMG_4666.jpg

郵便局への行き帰りだけでしたけど、ちょっと散歩。

紅葉だけじゃなく、どの木もそれぞれの色に色づいて、秋の木は賑やかで楽しげですよね。
こうも暑いと、なんだかしみじみという気にもなりませんし(^^;)

先日の発表会の感想を色々とお聞きしています。
お一人のお母様からは、お手紙で感想をいただいて、とても感動いたしました!
お子さんの様子や、発表会全体の感想なども書いていただいて、思い出しながら読ませていただきました。
小さいお子さんから、大人まで、ジャンルも様々で、聴きごたえがあったと言っていただけました。
男性陣の活躍がとても目立ってた、との事で、バリバリ弾く高校生の男の子や、大人からピアノ始めた大人の男性、初めて発表会に出て堂々と弾いた男の子。確かに、そうですね(^^)
他にも、誰々さんが弾いていたあの曲が良かったから自分も弾いて見たい!!とか。
今回の発表会では自分的に不本意だったから、次はこういう曲を弾きたい!とかも。

コロナがまた、とういうか前よりも?!広がってきているようで。
発表会はギリギリセーフだったなぁと思って、ほっとしてます。
来月だと、また座席の制限などがあるかもしれませんしね。(12月に聴きに行く予定だったコンサートも、また急遽延期になりましたし。)

ちょっと緩みつつある警戒心を、また持ち直す必要がありますね。
気をつけて行きましょう。
2020.11.19 Thu l 日常 l top