FC2ブログ
なかなか本を読む時間が確保できないのですが、お正月はお参りの人がくるので受付にじっとしているので久しぶりに本を読めました。
IMG_3017.jpg

この本の映画の撮影をしてるみたいなので、読んでみました(^^)
ネタバレになってはいけないので詳しくは書けませんが、紹介に書いてある内容なら大丈夫ですよね。
主人公の女の子は赤ちゃんの頃に体が弱く生まれたために、ご両親が心配して日々必死に育てていたのですが、湿疹が治らなく悩んでいた。その時にお父さんの会社の方から特殊な水を分けてもらって、それで洗うと治った。すっかり信じてしまって、新興宗教にご両親はのめりこみ、主人公の女の子はそれを当たり前のように受け入れて日々すくすくと成長してた。でも、思春期に差し掛かって色々と思うところが出て来て、、、、、。という話。

重い内容かな?!と思って読んだら、結構クスッと笑っちゃってさらっと読めました。
おそらく、それが狙い??その自然な明るさや朗らかな日常感によって妙な納得感を得た気がします。
そういうことか〜。という感じ。読み終わった時は、え、これで終わり?!と一瞬は思いましたが、そうか〜そういうことか〜と後からしみじみ。
映画はどんな空気感で作られるのか、楽しみです。

2020.01.09 Thu l 書籍 l top
ピアノが上達する音楽の思考法 佐々木邦夫 佐々木恵子
IMG_1270.jpg


今日はこの本を読んでます。ピティナのアドバイザーとしても大人気の先生ご夫妻がまとめられた本です。
ざっくり言うと、ソルフェージュとはなんぞや?!ということを、とても整理してわかりやすく書いてくださってます。

生徒さんに様々伝える場合に、一つのたとえだけではどうしても理解してもらえない時があります。
感覚の違いもあれば、生きてきた上で何を知ってるかの違いもあります。
こういった本を読ませてもらうと、なるほど〜〜〜〜〜!と言う例えかたや説明を知ることができて、こうやって伝えたらあの子にわかるかも!!というヒントになったりします。ありがたく勉強させていただきましたm(_ _)m
素晴らしい先生って、本当に語彙力や比喩力がすごいんです。
少しでもそうなれるように頑張ります〜!

2019.04.27 Sat l 書籍 l top
IMG_0814.jpg

話題になってるので買ってみました。

成功というのも、何を持ってしての成功というのか、その捉え方のことや

習う際の生徒としての心の持ちようや、人間関係の作り方や、、

体の使い方、休み方、本番での対処

多岐にわたって、細かく親切にアドバイスしてる本です。

今音大に入ったばかりの人をまずは対象にして書かれてる風なのですが

もちろんアマチュアであっても、知っている方が良いことだと思います。

読んでると、自分が音楽を奏でる事の意味をもっと考えて、音楽に対して奉仕する気持ちを持って

1音でも無意識な無頓着な音を出してはいけないな。。と思いました。





2019.03.05 Tue l 書籍 l top
お彼岸の間、お寺で受付のお仕事をしてるのですが
間に人が全然来ない時があります。
その間は読書をして、ひたすらお待ちしてます。

今回は、なぜか昔に読んでる太宰治の人間失格を(笑)こんな紫の表紙。

IMG_7498.jpg

知ってるのに、うまく忘れてるもんですね(笑)
新鮮な気持ちで読みました。本は読む年齢で感じることが違ってくるといいますが、そのせいかもしれません。
この小説は、誰に対しても「あ、この人のこの感覚わかる。。」と思わさせちゃう部分があるんですよね。。
誰でも、生き辛さの一つや二つはきっとありますよね。そして他人は楽々と生きてるように思えちゃったり。

実は、娘と一緒に本屋さんで何読もうか〜とこの2冊をたまたま買ったんです。
彼女、昔の文豪の本をちょっと読みたがったので。

もう1冊は、今の本を。
第一位だからというのと、ジャケ買いですね(笑)題名をこんな風に書いてある感じも格好良く思わせるようで。
いなくなれ群青!←題名もつい、買ってみたくなる要素ですね。
とっても面白かったです。
2018.03.27 Tue l 書籍 l top
スクリャビン ピアノのための前奏曲 演奏の手引き
ピーター・コラジオ 著
IMG_7342.jpg


スクリャービンは、初期の頃(ショパンを崇拝してて影響がかなりあった頃)と中期、
後期の神秘主義や神智学に傾倒して自らを哲学者としてた頃の曲があり、その後期の作品は深い精神性が求められて、さらには技巧的にも鍵盤上での大きな飛躍や多重和音などとても弾きにくく、演奏者はまず指使いの工夫に迫られます。

それを、著者のピーターコラジオ氏が手引書としてまとめたものがこの本だそうです。
スクリャービンの書いた90曲ものピアノ前奏曲の中から前期、中期、後期それぞれの曲に対する様々なアドバイスが書いてあります。
残念ながら執筆途中で亡くなられたそうですが、下書きが残っていて、それを元に仕上げたそうです。(中村菊子さん監修・・ジョセフレヴィーンのピアノ奏法の基礎の和訳された方。)

今、スクリャービンを練習してるので、以前買って読んでいなかった(^^;)この本を読みだしました。
私が今やってるのは前奏曲ではありませんが、色々とヒントがありそうなので、じっくり読んでみます。
2018.02.19 Mon l 書籍 l top