生徒様M様が、レッスンの時に持ってきてくださって貸していただきました。
早速読みました(^^)
IMG_5997.jpg

先日のサロンコンサートで、マーガレットフィンガーハットさんが一番最後に「farewell to Hirta by Francis pott 」という曲を弾かれたのですが
その曲というのは、悲しい実話からインスピレーションを得てFrancis pottという現在ご存命の作曲家さんが作られた曲だったのです。
その実話というのは、この本のセント・キルタという島の話です。
大昔より代々、自給自足で過酷ながらも平和に生活を営んできた島民が、最終的に離島を余儀なくされて島を離れなくてはいけなくなったそうなのです。
フィンガーハットさんの話では、長調の曲だけれど、、短調ではなく、長調だからこそもっと深い悲しみを表現できる、、ような、それはシューベルトがよく使った手法の曲である、とのことでした。
一緒に聴いた人達も、この曲に対しては色々と感じることがあったようで、ピアノから情景が浮かぶ!と言ってられました。

そして、M様もそうだったようで、なんとCDも探してお買い求めになられ
この島についての書籍まで購入されたそうなのです。
早速今日は、このCDを聴きながら、本を読ませていただきました。
CDには、チェロとピアノの曲なども入っておりましたが、一番最後に先日弾かれたピアノ曲が入っていました。
チェロの曲も素敵でした!!ちょっとフォーレっぽいような??

本は、セント・キルタの最後の長老であるフィンレー・マックイーンさんの生涯を中心に
島の変化を書いてました。
それは、ある意味日本の鎖国の時代から、半ば無理やり、そしてやがては惹かれて西洋文化が入ってくきて人々の生活が変わっていった、その様子とも重なります。
本当の幸せとは何か、その問いと答えを考えさせられます。
そして、この本の最初には、作者がこの島のことを偶然にも知るところから話が始まるのですが
作者はこのことを世に伝えることが自分に与えられた使命かもしれない、と感じられたようでした。
そして、先日のコンサートでフィンガーハットさんがこの曲を取り上げられ
そして、M様がこの本を手にされ。。。
こうやって、私にまで届いて知ることになった。。。。
伝えようという気持ちも、伝えて欲しいという気持ちも、人間によって繋がっていくのだな〜と、不思議さと共にそれが大切なんだなと思いました。
M様は、スコットランドに住まれていたそうで、その頃はこの島を知らなかったそうなのですが
でも近くにおられたので(と言っても、本土から恐ろしく遠い世界の果てというくらい離れた孤島だそうですが)
さらに何かしら感じられたそうです。
私も先日、アイルランドへ行ってきたので、雰囲気的にはあの海の向こうだったのか、、と
遠く広がる海と、海風を遺跡のところで感じたのを思い出しながら、読みました。

いいものを読ませていただけて、感謝してます!
2017.05.06 Sat l 書籍 l top
IMG_5519.jpg


違うんです!!!(笑)
直木賞取る前から、読む予定だったんです〜〜〜〜!!!!!

と、今更言ってもいいわけのようですが(^▽^;)

コンクールウォッチャー(?!)としては、読みたい内容だったのと
同じようなお友達で読んだ人の反応が良かったので、期待していたんです。
直木賞受賞したから読むわけじゃないんです〜!(笑)

まぁどっちでも良いことですね。

今日は、子供達は塾のテスト、、のはずが、下の子供は熱が出てしまってダウン。
夕方の用事までの間にちょっと時間があるので、傍らで読んで過ごそうかと思います。





2017.01.22 Sun l 書籍 l top
「シューマンの指」という、小説を読みました。

IMG_5117.jpg

電車の移動で本を読むので、なかなか読み終わらなかったんです。
内容は、最後にえ〜!という感じになる内容です(笑)面白かったですよ。

内容はともかく、いろんなシューマンの曲について色々と解釈(主人公などの)が書いてあります。
シューマンの人生のどのような時に作られた曲で、どういう精神的な内面であった時に、どういう意図やアイデアを持って
作られたのかとか。
シューマンを好きと思うのは、こういうことを含めてのシンパシーを感じての上でのものであるのだな〜と。
シューマン好きなら読むと面白いと思います。

私もシューマンが好きです♪
でも、弾きこなすとなると。
完璧に弾けるテクニックがもしも自分にあったとしても、本当に弾きこなすなんてことは
できないだろうなと思います。
普通に楽譜の通りに弾いて音に出しただけでは結局シューマンにはならないように思います。
そのことも、小説の中でも書かれていて、いちいち頷きつつ読んでました(^^;)

さーて次は何を読もうかな〜。

2017.01.16 Mon l 書籍 l top
羊と

話題になっているこの本を読みました。
調律師さんの話です。

なるほど、だから羊〜!と思いました。(読んでない人がいたらいけないので内容は書きません)
ピアノをそういう風に見ることができるのか!!という新鮮な驚きと、音や美を繊細に感じ取り言葉にして読ませてくれた感じがしました。

このヒットさから行くと、いずれドラマか何かテレビで実写版が出そうですね(^^)
2016.05.23 Mon l 書籍 l top
昨日のペースメソッドの研究会で、話の流れでリストの話が出ました。
暗譜でピアノの演奏をする、というのを始めたのはリストだという話や、モテモテだったこととか。
今の時代のスターよりも凄いスターだったみたいですし
曲も派手で、演奏の見た目の効果もよく考えていたようですよね。

この本を前に読んでいました。

IMG_0304.jpg

リストのことがよく解って面白かったです。
人気があったと言っても、どれほどのことだったのか。今の芸能人や
アーティストとは比べものにならないくらいの、存在であったようですが
それが、具体的に分かりやすく説明してありました。

恋多き人で、派手で、、という一面がよくしられてますけど
慈善活動やチャリティなどの奉仕の精神をとても持ち合わせてられたそうです。
ヴィルトゥオーゾとして、超絶技巧を見せびらかす人、、というような
誤解もあるようですが、実際にはいわゆる技巧的な奏法やメカニックに偏重する奏法を
ことのほか軽視し、嫌ったそうです。
「生きている愛しき人々を光で照らし、亡くなった愛しき人々を精神的にも肉体的にも安らかに
眠れるようにすること。それが私の芸術が求めるものであり、目的なのです。」
とリストが親しかった叔父に当てた手紙に書いたそうです。
そして、54歳で聖職者になられたそうです。

どんなピアニストもかなわない凄いピアニストであり、スキャンダルにまみれたスーパースターであり
莫大な寄付を行った慈善家でもあり、後進の指導に情熱を注いだ教育者でもあり
敬虔なカトリック信者であり聖職者。。。

そんなリストの色々を知ることができて、面白い本です。

あぁ、、、ショパンやリスト。。
その頃にタイムスリップして、実際の演奏を聴いてみたいですね(><)
実際に生きてたなんて、、。
それは叶わぬ夢ですけれど、楽譜というのはタイムマシンのように
その作曲家の生み出したものを後世に運んでくれるんだなと
しみじみ思います。

2016.03.16 Wed l 書籍 l top