今、数名の大人の生徒様が来られています。

大人の方は、ご自身が何をやりたいかを決めてられることが多いので、そのお手伝いをする気持ちでレッスンさせてもらっています。

弾きたい曲を弾けるようになりたい、、と来られる趣味の方がほとんどです。が、こういう方もいます。
ペースメソッド研究会の先生からのご紹介の方。この方は、60代になってからピアノを始められたそうで、他の大人のためのピアノのレッスンへ行ってられたのですが、なかなか弾けるようにならない、、とご友人にご相談された時に、ペースメソッドというメソッドがあるからやってみたら?と勧められたそうです。

具体的に何が違うのかご説明しますと。
最初から全調で学んでいくということ、基礎的な音楽理論が学んでいけること、コードを覚えられること、、その上で即興ができるようになること、、など。それを、最初の簡単なことからやっていける教材です。
教材は、4冊の教材を同時に使って行きます。それによって、何度も演習できるので身について行きます。
あと、一番良いことは、楽譜の見方が変わるので、自分で楽譜を整理してみれるようになる視点を持てることだと思います。

理論(難しいことではなく基本的な)なしで、ただ音符を拾って音にして弾いていき完成させる、、というのが趣味で習っている場合の一般的に多いピアノの楽しみ方だったりします。
もちろん、それで子供の頃からやっていて弾ける人はたくさんいます。(先生に色々とアドバイスもらって最終的に仕上げることができる、その繰り返しの状態ではあるかと思いますが)それはそれで、音楽を楽しんでることに違いはないとは思います。才能豊かで、自然に弾けちゃう人もいますしね!
でも、楽譜を読む、ということを本を読むことと同じように考えていただくとわかるのですが、小学校1年生の子がひらがなの文章を読むとき、「かえるのうたが」という文章があったら、「か、え、る、の、う、た、が、」と読んでいくと思います。その時、着目してるのは、一つの文字だけ。そして間違ってもいない。でも、読んでる方も、聞いてる方も途中まで意味がわからないと思います。でも、大人になってもし読むとしたら、まず「蛙の歌が」だとわけがわかった状態で読むことができますよね。。
楽譜もそうなんです。ひとつひとつの音符を読んでは弾き、読んでは弾き、、で繰り返して覚えて、そうこうしてるうちにやっと全体像が掴めて、フレーズがわかり、、、、というやり方は、少し難しい曲になってくると頭打ちがきます。
基本的な理論を知っておくというのは、国語の文法を理解するというのと同じことなんです。

あと、理論だから頭でっかちな、、というものではなく、全調やることで(毎回移調します)調の色合いを感じ取ったり、自分の好きな調の雰囲気はこれかな、、など考えたり。そうすると曲によって作曲家さんがなぜこの調にしたのかな、、と考えるようになり、曲想やイメージを持って曲に取り組むことができるようになります。

好きな曲を自由自在に弾きたい!そのためにピアノを習う、という気持ちが大きいと思います。ですので、こうやって基礎的なことを4冊使ってやっていくのは、人によってはストレスになったりするかな〜?!とも心配していたのですが、みなさまバッチリ使いこなしていただいてます。楽しいと言っていただいています(本当だと信じたい♪(笑))
ペースメソッドをやりたいと来られた方以外の生徒様も、最近は今やっている曲にプラスして基礎から復習兼ねて学んでみたいと取り組まれるようになりました。大人にこそ、ぴったりな教材な気がします。


お子様には、導入前時期にペースの幼児期の教材も使いますが、主として導入からブルクミュラーにかけての時期には松田先生のロシアン奏法を身につけることができるピアノレッスンという教材を主に使っています。
時には大人の方にも、最初やってもらってます。
弾き方によっての音の違い、音を大切にどう弾くと良いのか、、などわかりやすいのです。(その教材の魅力については、また後日書こうかなと思います。)
実は、ペースはアメリカ、松田先生のはロシア。入りのアプローチは真逆なのです。
結局は全部身につくのが一番なのです。ただ、一挙に全部をやろうとしたら、週1回のレッスンでは無理です(^^;)
そこで、子供さんには、まず絶対にピアノ弾く上で身につけてもらいたい奏法の方を中心にやっていき、理解力がつく年齢になってきたらペースメソッドを取りいれて見たりしています。

ペースメソッドは本当はグループレッスン(もしくは2人レッスン)推奨です。普通の個人レッスンの他に、そういうグループクラスを作ることも、、考えてみてもいいかなとは思ったり。まぁなかなか予定を合わせるって難しいですからね〜。。


2018.04.12 Thu l レッスンのひとこま l top
最近、大人の生徒様がじりじりと増えてきています。

大人の生徒様は、ピアノのバックグラウンドも様々ですので
求めてられる内容もお一人お一人全く違います。

できる限り、望んでられることをお手伝いできればなと思ってレッスンさせていただいてます(^^)

大人の生徒様は、色々と人生経験積んでられて人間的に尊敬できたり魅力的だったりするので
レッスンのときお子様ととのレッスンとはまた違った楽しさがあります。

特に感じるのは、音楽を楽しみたいと思われてる純粋さですね。。

今日のレッスンでは、ご主人の歌の伴奏をいつかしたい、、とのことで
その歌をご主人のお声の高さに移調させていただきまして、その楽譜でのレッスンでした。
いいですよね〜(>▽<)

子供の頃にもピアノをなさっていたとのことで、色々とやりたい曲に挑戦されてまして
それに並行してロシアンメソッドのお子様用のテキストを併用させていただきまして
手や手首の動き、指先のタッチ、離鍵の仕方などをやっていただいてました。

前回手が痛いとの事で(家事をしすぎだったそうです)から、込み入った曲をちょっと置いておいて、理論的なことも1からやってみようかなとの事で、ペースメソッドの4冊の本までしていただくことになりました。。ちょっとやることが多くて、どうしましょう?!という感じはあるので、様子を見つつ進めて行くのですけれど。。
子供の頃に習ってられてわかってることとわからないままになっている部分とが誰でもあるのですが、その確認もできますし、ほとんど理論がわからない状態で楽譜を見て曲を弾いて行くのは、実は大人ならば尚更限界がくるので絶対損はないと思います(^^)

お子様(特に幼児期の)は、体や感覚で覚えていくものですけれど(それが重要だったりしますが)
理屈ではなかなか覚えられません(大きくなったら普通にわかることも、難しかったりするのです)
その点大人の方は理解力があるので、また違った成長曲線での進化があります。

もう1人の大人の生徒さんが、大人組で弾きあい会のようなことができたら楽しいのになぁとおっしゃってました。
発表会ではお子様の中での発表で、なかなかにハードルが高く。
ギャラリーなしで、それぞれ頑張ってるピアノを参加者同で弾いて聞きあって、励まし合えるのはとても楽しそうです!

今月からまたお一人お仲間が増えますし♪今年のうちにでも何かそういうことができたら良いかなと思います(^^)





2018.02.07 Wed l レッスンのひとこま l top
あっという間に日が過ぎて行きます。

ブログももっと頻繁に書こうと思うのですが、、日中に時間がなくて
夜には書く時間があれば練習に当てたくて(^^;)
書いてなかったら、練習してると思ってください〜〜(><)

今日は久しぶりに夕方まで時間があります!!本当に久しぶりです。
ぴあの通信を書くのと、ブログを書くことができます〜。

先日の日曜日には、子供達の発表会のための合奏リハーサルが無事終了しました。

IMG_6630.png


毎年出ている子は、合奏にも慣れてきたな〜と思ったり(^^)
ほとんど1発オッケーな感じでした♪

合同で発表会をするので、それぞれの先生の生徒さんも一緒です。
なので、3人の先生が来られました。

だからか?!みんな、なんだかいつもと別人のように顔が固まって、、いつものように、ふざけるようすが無い(笑)
めちゃくちゃお利口さん。とういうよりも、お利口さんを通り越して恐怖の顔つき(>▽<)
すごく緊張したようです。
発表会前に、緊張しておいてよかったです(^^)

予定があって来れないという生徒さんも、台風の影響でイベントがなくなり、みんな参加できちゃいました。
よかったのか悪かったのか(^^;)

そして、習ってたけど今年初めて発表会に出るお子さんがいて、リハにお母さんが来られてたら、、なんと今まで習ってた他の子のお母さんの部活の後輩だったそう!!!
世の中は狭いですね。。
意外とうちに来てくださる方々は、口コミの方もいますけど自力で見つけてくださってる方もいて、校区外の方も多いんです。
が、不思議と、どなたかがどなたかと知り合いだった!ということがよくあり。
世の中の狭さというよりは、なんだか縁みたいなものをつくづく感じます。
不思議ですね。数々あるピアノ教室の中から偶然、ですからね。

さぁ、11月5日は発表会!!

私はその前に10月29日に箕面メイプルホールで「みんなで音楽祭」というイベントに参加して来ます。
大学生の生徒さんがお友達を引き連れて、遠路京都から来てくださる予定とか。。嬉しいです(><)
実は、このイベントは、見に来た人もワンコインスポンサーとして、演奏者の中からよかったと思う方に投票したり記念グッズをもらったりできるイベントです。
よかったなと思う演奏者を3人選んで、投票します。
演奏者は3つの組みに分かれていて、票がたくさん集まったチームに敢闘賞が送られる、というものだそうです。
最後には、会場の人も一緒にみんなで歌うそうです。
お昼から夕方までの長丁場なんですけど、弦もあれば歌もあり、ピアノソロ、2台のピアノアンサンブル、と色々とあるので楽しんでいただけそうです。
とても遠いですけど。もしも、よかったらご来場ください(^^)
IMG_6623.jpg

IMG_6624.jpg
2017.10.25 Wed l レッスンのひとこま l top
IMG_6589.jpg

ピアノ様がきました〜(>▽<)

11日に搬入しました。
今まではお部屋の真ん中でしたが、アップライトに退いていただいて(^^;)
このコーナーに置くことにしました。

窓や壁の感じとも、いい感じになりました(。>ω<。)ノ

幸せです〜。

ピアノは「ベヒシュタイン」と言うドイツのメーカーのピアノです♪

IMG_6587.jpg

ベヒシュタイン公式ホームページ

C.BechsteinのL167です。
2003年までの旧式のタイプです。
今のL167は、アグラフという弦の留め具が他のメーカー同様に高音部についていないのですが
このピアノは総アグラフと言って、高音部の弦も含め全部につけてあり弦の余分な振動を抑え、透明感のある音を作り出してます。
そして現行のベヒシュタインは、C.Bechsteinというマイスターピースという上位機種とBechsteinプレミアムというタイプの下位機種に別れています。方向性が全く違えてあるそうです。

前にもちらっとお話があった時には、まだ気持ちが動いてなく。。欲しいとすれば、昔のベヒシュタインの方だけどな。。と思っていました。

今回、お話があった時、、、ちょうどイヴアンリ先生のベヒシュタインでの演奏とレクチャーコンサートを聴いて、音色にびっくりしてしまい。。そして、たまたま保険も満期になったり(笑)色々と気持ち的にも状況的にも機が熟してきた感じが直感的にあって。
試し弾きしに行きましたら、、やっぱりいいな〜と。。

前に、他のベヒシュタインを弾かせてもらった時には、ピンとこなかったことがあるのですけど
それが、このピアノはいい感じの鳴りがあって良いな〜と思って。
中の状態もとても良くて、社長さんのお話によると、ベヒシュタイン本社におられた山内さんという方がこのピアノはいいよと勧めてくださったもので、工場で試験ピアニストされてた方にも弾いてもらったら、良いとお墨付きをもらったとも言ってられて。
ちょっと弾きに行っただけだったんですけど、直感的に出会いかもしれないと思いました。

まだまだこれから、環境にも馴染む時間がいりますし、調整もしていただこうと思ってます。
いい感じに育って欲しいです!






2017.10.13 Fri l レッスンのひとこま l top
昨日は大学生のYさんから美味しいご自身の手作りのジャムを使ってスコーンを作って持ってきてくださいました♪

しかも、こんなに可愛い包装紙まで作られたそうです。

IMG_5998.jpg

和紙の五線紙の紙を見つけたそうで、それに可愛い絵が♪
絵描きさんなんで、こんなアイデアが浮かぶんですね〜。

Yさんも、先日のサロンコンサートで感銘を受けて、創作意欲が湧き続けてるそうです。

こうやってそれぞれの感性で音楽を楽しんだり、創作や演奏を楽しんだり。。。
素敵ですよね〜(^^)

お味もとっても美味しかったです。家族で食べました♪
2017.05.09 Tue l レッスンのひとこま l top