FC2ブログ
京都市左京区のピアノ教室 Claire sonorité

        ☆教室案内はこちら☆


         くもやぞうやカード

☆教室のモットーをこちらへ書いています☆


ただいま随時募集中です。
空き時間のお知らせはこちら
お気軽にメールでお問い合わせください。
clairesonorite@gmail.com











2035.11.21 Wed l 未分類 l top
娘と最近になって中国のドラマ「陳情令」にハマっています。
実際には2019年にWebドラマで配信されたそうですが、爆発的に世界でヒットしたそうです。
遅ればせながら、見て、まんまとハマってしまいました。

時代劇風ファンタジーで、架空の時と場所でのお話です。

50話と、日本のドラマに比べてすごく長いので、話に深みがあって丁寧に作られています。

正義とは何か、、立場によって同じ事実でも否定されて悪者にされてしまう人間世界の怖さも感じますし
友情や家族への想いが交錯して、それぞれがそれぞれを思うあまりに口に出さないで耐え忍んで
誤解が生まれたり、、というような、胸が苦しくなる内容なのですが、話の中で、過去と現在の話が入れ替わるので、平和だった可愛らしい時代を見ていたら、それゆえにまた苦しいというか。。
あ、苦しいしか言ってないですね(笑)
クスッとわらえる事もありますし、何よりも、映像へのこだわりがすごいです。
美術(セットや小道具に至るまで)の制作のこだわりもすごくて。
とにかく美でしたね。
キャストの演技も素晴らしいし、とにかく出てる人がみんな美でした。。。

メイキングが、公式のYouTubeチャンネルにあるのですが、その美術に関しての動画はこちらです



これを見るだけでも、なかなか見ごたえがあります。

そして、ピアノで主題曲弾いて見たいね、と。
娘にピアノの楽譜に作ったら弾く?って聴いたら弾くというので、耳コピして、それっぽく作って見ました。

間奏部分は、原曲だと長くて分かりにくいので、適当に作って繋げました。
2番は原曲がエイトビートになるので、それも、同じ雰囲気にしようかなとしてみました(^^;)
難しく弾きにくくしたら弾けないので、簡単めですけど、弾いてると嬉しくなります(笑)
ひとまず弾いて見ました。



よかったら聴いて見てください。
2021.05.07 Fri l 日常 l top
IMG_5988.jpg

とうとう4月になりましたね。

新入学、新学期、節目の季節になりました。

昨年に引き続きのコロナ問題がある中での新しい環境。。大変だと思います。
みなさん、焦らずにゆったりといきましょうね(^^)

〜ここ最近の自分のピアノの事〜
今私が個人的に弾いている曲は、ベートーベンの熱情、ショパンのノクターン1と2
シューマンの飛翔、シューマンのフモレスケの中の一つ(どちらもシューマンの会用)
いつか弾きたいねと言ってるラフマニノフの2台のピアノのための組曲のタランテラもぼちぼちと。。
11月にある会のための課題の曲(邦人作曲家の曲)を何にしようかなぁと悩み中です。

曲作りもやりたいし。。でも色々弾いてると時間が足りないですね。
というよりも最近ネットフリックスなどの配信にはまって、ついドラマや映画を見てしまったりもして時間が。。
あ、でも、本を読んだり映画を見たりは、とても必要なことと思うんですよね〜(言い訳でもあり、本心でもあり)

先日、お師匠のピティナレッスン見学(ピアノの先生たちが来られて、先生のレッスンの様子を見学して勉強するというもの)があり、師匠の生徒である5歳の子や小3、中3、高1、の子達に続いて、ピアノ講師してる大人の生徒として出て弾いて来ました(^^;)
いや〜なかなか緊張しました。
行ってみると、いつもの研究会の先生方もおられたので、ホッとしたりもしましたが。。
そういうのにぴったりな、ノクターン2番を弾いてアドバイスをいただきました。
やっぱりショパン好きだなぁと思うんです。。
ベートーベンも好きですけど、気力体力奪われる気がしますけど、ショパンはもっとすんなり入る感じがします(個人の感覚です)

と、今はそんな感じです。



2021.04.01 Thu l 日常 l top
あまりにも、レッスン室が乾燥してピアノに悪いので加湿をしているのですが
それでも間に合わない感じなので
観葉植物を何個も置くことにしました。

IMG_5899.jpg

これと、セットで他に小さめを2つ置いています。

それぞれ来た時より育って来ました。

大きく育てて、いつかは植物さんに酸素をたくさん供給してもらおう♪

代わりに、みんなで良い音を聴かせてあげましょうね。

2021.03.18 Thu l レッスンのひとこま l top
大人の生徒様、それぞれ長年通っていただいています。
そして、長くなればなるほどに、できることが多くなって来られて
それに伴って、やりたいことも変わっていったり、進化されているなと感じます。
お互いわかり合って来たぶん(好みとかどこが得意かとか)希望を汲み取りやすくもなったりして
まさに音楽友達になってるように思ってます(私だけが思ってたらすみません(笑))

以前にも書かせていただいたことがある方、この方も51歳から始められて
5年以上来られてますが、モーツァルトのソナタも弾けるようになられて
それどころか色々な持ち曲を持ってられて、ストリートピアノで弾かれたり
なんとラジオで弾かれたり。。。
驚きを通りこす活躍されてる方がいらっしゃいます!!
ファンもいらっしゃったり。すごいです。
何より、音楽を心の支えにされていて。その気持ちに共感です。。

そして今日来られてた方は、この方も大人から始められてますが20代のかた。
ブルグミュラーを全曲やっていこうと思ってられて、レッスンしています。
この方は一時期お仕事大変で、お休みされてる期間がありましたが
トータルすると2、3年?来られてます。
そして、最近、理論や基礎をもっと理解した方が良いと思われたみたいで。
個人的には本買ったりして読んではおられたようですが、なかなか頭の中で全部が結びつかなかったそうです。
そこで、ご本人が疑問に思った部分や説明が欲しい部分を聞いてくださったら、その都度それに応える感じで、レッスン中にちょこちょこと理論のことをお教えしてます。
そしたら、この前からご自分でスケールを覚えて来られて。(指番号も)
まずは長調を覚えて来られ、先週短調の方の説明して、今週はもう短調を全調覚えて来られて、驚愕しました〜!
コードも前にお教えした覚え方で一応覚えてられてるので
スケールを覚えてもらったら、さらに先の話がスムーズにできるし、俄然やる気になって来ました(私が(笑))
次はカデンツァを全調覚えていこうかという話になりました。

お子様のレッスンと違い、大人の方はそれぞれの目標が色々なので、一方的にこちらから
何をなんの順番でやるとか、覚えるとかを決めつけないようにしていまして
その方が、何からアプローチしたら一番ストレスなくピアノをやっていけるかな?というのを探りながらさせてもらってます。
そうしたら、それぞれの方がそれぞれの方法でできることが増えていかれているので、よかったなぁと思ってます。

お子様には、テキストに沿って順に、、体の使い方も含めてやっています。
でも、やっぱり人は全員同じではないので、教えないといけない事はこちらは把握していつつも
大人の方と同じでその子の性格や捉え方を様子見ながら、どこから伸ばした方が早いか気づいたら
その都度、それぞれの課題を増減して、アプローチさせてもらってます。
弾くのがなかなか難しい子も、耳がすごく良かったりして聴音がすごく取れたり。
それこそ、みんなが嫌がる理論を教えてもスポンジのように理解する子がいたり。
なので、得意な所をまず伸ばしておいてあげようかなと思いながらやってます。
何より、音楽好きで、ピアノ弾いて楽しいと思って欲しいですし、自分の可能性を信じられて頑張れて、喜びながら徐々にできること増やしてもらえたらなと思っています。
あと、お子様は大人の人よりも成長に伴って環境の変化が多いので、モチベーションや興味もコロコロと変わるので、その時々にもピアノが傍にあれるように、と思ってます(^^)

関係ないですが、先日新しくル・クルーゼのお鍋を買いました↓
家族で欲しい色が違うので、ちょっと悩みましたが黄色にしました。

78BD4C40-4C09-4352-9ABF-02FC334533C8.jpg


2021.02.19 Fri l レッスンのひとこま l top