Claire sonoritéミュージックフェスティバルについて、詳しくはこちらへどうぞ!
                ↓↓↓
      日時やプログラムの詳細

IMG_6436.jpg


京都市左京区のピアノ教室 Claire sonorité
        ☆教室案内はこちら☆


         くもやぞうやカード


さまざまなピアノに関する記事を更新していけたら、と思ってます。
少しずつ記事を増やしていきますので、読みにきてくださったら嬉しいです。

右下の方にあるカテゴリーより、気になる項目の記事がありましたら、チェックしてください♪


ただいま、生徒募集を一旦止めさせていただいています。
平日昼間なども、少し多忙中で申し訳ございませんm(_ _)m
(今来ていただいてる方や、すでに単発で来られたりしてる方は対応しています)
また、募集再開する折にはお知らせいたします。お問い合わせはお気軽にしてくださいませ。









2035.11.21 Wed l 未分類 l top
IMG_6589.jpg

ピアノ様がきました〜(>▽<)

11日に搬入しました。
今まではお部屋の真ん中でしたが、アップライトに退いていただいて(^^;)
このコーナーに置くことにしました。

窓や壁の感じとも、いい感じになりました(。>ω<。)ノ

幸せです〜。

ピアノは「ベヒシュタイン」と言うドイツのメーカーのピアノです♪

IMG_6587.jpg

ベヒシュタイン公式ホームページ

C.BechsteinのL167です。
2003年までの旧式のタイプです。
今のL167は、アグラフという弦の留め具が他のメーカー同様に高音部についていないのですが
このピアノは総アグラフと言って、高音部の弦も含め全部につけてあり弦の余分な振動を抑え、透明感のある音を作り出してます。
そして現行のベヒシュタインは、C.Bechsteinというマイスターピースという上位機種とBechsteinプレミアムというタイプの下位機種に別れています。方向性が全く違えてあるそうです。

前にもちらっとお話があった時には、まだ気持ちが動いてなく。。欲しいとすれば、昔のベヒシュタインの方だけどな。。と思っていました。

今回、お話があった時、、、ちょうどイヴアンリ先生のベヒシュタインでの演奏とレクチャーコンサートを聴いて、音色にびっくりしてしまい。。そして、たまたま保険も満期になったり(笑)色々と気持ち的にも状況的にも機が熟してきた感じが直感的にあって。
試し弾きしに行きましたら、、やっぱりいいな〜と。。

前に、他のベヒシュタインを弾かせてもらった時には、ピンとこなかったことがあるのですけど
それが、このピアノはいい感じの鳴りがあって良いな〜と思って。
中の状態もとても良くて、社長さんのお話によると、ベヒシュタイン本社におられた山内さんという方がこのピアノはいいよと勧めてくださったもので、工場で試験ピアニストされてた方にも弾いてもらったら、良いとお墨付きをもらったとも言ってられて。
ちょっと弾きに行っただけだったんですけど、直感的に出会いかもしれないと思いました。

まだまだこれから、環境にも馴染む時間がいりますし、調整もしていただこうと思ってます。
いい感じに育って欲しいです!






2017.10.13 Fri l レッスンのひとこま l top
知ってる人は知っていますが、今筋肉トレーニングに通っています。。

そして今日は絶賛筋肉痛です(><)

足のトレーニングが一番後から痛いです。
ずっと通うわけではありませんけど、通ってるうちに筋肉の使い方を覚えて、自分でも筋トレできるように頑張ります。


そして、、11日にピアノを運び出しと搬入をするので、、色々と棚を整理したりやってます。
でも筋肉痛で、思うように捗らない(^^;)
今日は、自分のレッスンへも行きましたけど、椅子に座ったり立ったりが痛くて。ハァ〜。。。

10月29日の本番に向けての曲を練習しないといけませんが、この日曜日に仲間内のアンサンブルをする会があり、そこで連弾と、2台ピアノをします。その曲の練習が(焦)!!!
筋トレの後は、眠たくて仕方がなくなって、練習がはかどりません。。
帰りは歩きながら寝れるくらいに眠たくなります。
筋トレしすぎて生命の危機を体が感じてるのかも!とトレーナーの人に言ったらまさかー!と受けてました(笑)(というか苦笑いか(笑))

筋肉つけるには、6時間以上は寝ないといけないそうですよ。
あ、もう12時回ってるから寝ないと(^^)

2017.10.07 Sat l 日常 l top
実は、新しいピアノを購入する予定です。

ものすごく、ものすごく、思い切って決断しました(^^;)

外国から来たピアノにします!どこのピアノかは、、乞うご期待♪

正直、私の貯金全部投入して買います(笑)

今のピアノちゃん(カワイのグランド)は、私が10歳の時にアップライトピアノから変えてもらったピアノです。

思い入れも思い出もたくさん。

でも、私に弾き潰されて、ハンマーはもう限界が来てます。

調律をすれば音程はあうのですが、音色の改善はもう不可能かなという感じなのです。

ハンマーや弦を総入れ替えすることも可能ですが、そこまでするほどのピアノでもない(と言われた。ひどいー(笑))

今度迎えるつもりのピアノは、国産の均一に音を出せるピアノとは違って、音色を様々に作れるピアノです。

そのぶん、弾き手の能力に左右されるので、普通に弾きやすいかというと、多分弾きやすくはないです。

試し弾きしに行った時に、新しいヤマハのC3xというピアノも弾いて見たのですが、いままでのヤマハと違うまろやかな音で、弾きやすく聴きやすい音色で、、心動きましたし、弾きやすさ抜群でしたが、逆にいうと超〜〜均一な音なんです。普通に弾いてもソコソコに聴こえる。そこが良いところでもあるけれど、とってもつまらない部分に感じて。。

迎えるピアノ様は(様。。(笑))木の材質も素晴らしく、響板から立ち上るような音が素晴らしくて。。
でる音も派手に出るわけではなく、それぞれがクリアに美しく響きました。

同じ曲を同じように弾いて見ても、自分の力の足りなさを思い知らされるような感じもあり。
きっと、このピアノを弾くと、もっと引き上げてもらえそうな気がします。

生徒さんの音も変わる、そうです!!(笑)期待!!!(^^)

本物のヨーロッパのピアノ、音、それをここへ来た時には体感してもらえるので。。

皆さん、一緒にこのピアノを大事に弾いていきましょうね。見合うような音色を出せるように一緒に頑張りましょう。

IMG_6455.jpg

年長さんのMちゃんのおてて。
まだまだ習ったばかりで、思うように指は動かないけど、どんなおてての形が良いんだっけ?と聞いたらやって見せてくれたので、じゃあ記念に撮ってあげよう!と撮った写真(^^)
このピアノとは、もうすぐお別れです。。うーんさみしい!!!




2017.09.22 Fri l 日常 l top
今日は、ロシアンメソッド研究会の日でした。
珍しく、今日は写真を撮ってます(^^;)
研究会の先生のお一人が、ブログにアップするので写真を撮りたいということで撮ってられて
他の先生も、じゃあせっかくの機会だからと撮りあいっこしました(笑)

しかし、私真剣な顔つきですね(^^;)
先生のアドバイスを受ける時は、先生の手を見て言われてることを聞いて、100パーセント真似するつもりで超集中して観察してます。こんな顔になってるとは。。。(^^;)

IMG_6471.jpg

これは真剣な感じですが、レッスン自体は和気あいあいと楽しく歓談しつつという感じです。
でも、お互いにそれぞれの癖があるので、そのポイントを先生が指摘してくださってアドバイスしてもらうので、、お互いに横から見てると勉強になります。

〜今日出てきたトピック〜(レッスン以外の話)

ロシアン奏法という名前だけを聞いた時に、一体どんな?!なんか謎の秘密結社?!とか思う人がたまにいるという話を聞いてびっくりしたこと。

ロシアン奏法と一口に言っても、流派によって違うようだけれど、でも同じ流派だとしても人によって色々違うことがあること。
日本から留学した人がいて、その人が自分はこう言われたから、ロシアン奏法というのはこういうものでしょ?と思い込んだとする、、そして日本へ帰ってきて、ロシアン奏法とはこういうものだと「教わった」と言う。でも、この研究会でも、それぞれの先生が癖や体が違うからアドバイスが違うように、人によって注意点が違う。例えば手首がいつも下がる人ならば「手首をあげて」と言われるけれど、それはその人のいつものよりあげてという意味だけれど、その人からすれば「手首をあげるのがこの奏法だ」という風に脳内変換されかねないということ。
本質が何かを知ること、伝えることの大切さ、、そして、それは1回やそこらでは伝えられるものではないし、本質を知る前に知ったつもりになってると、勘違いのままになる可能性があるということ。


2017.09.20 Wed l 研究会、セミナー l top